----------

動体療法

急性時に対応する整体が『動体療法』です


honn.jpg

「動体療法」(「どうたいりょうほう」)とは、関節の可動域の制限に顕著な効果を導き出している療法です。



この「動体療法」は、カイロプラクターであり、またキネシオロジストでもある大島正樹(動体療法学会)会長によって創始されたものです。
カイロプラクターとは、カイロプラクティックという"手で行う技"を行う施術者のことを指します。そしてこのカイロプラクティックの分野から発祥したものの1つに、アプライドキネシオロジー(応用運動機能学)というものがあります。このアプライドキネシオロジーを行う人が"キネシオロジスト"と呼ばれています。ロサンゼルスオリンピックの時に、アメリカのカイロプラクティックドクター、ジョージ・グッドハート博士によって普及されたものです。
このアプライドキネシオロジーの《筋肉反射テスト》と呼ばれるテストを用いて、人体に無理がなくソフトで安全・安心の療法として体系づけられたのが「動体療法」です。

DSCN0372.jpg






「動体療法」が他の手技療法と比べて何が違うのか、と言えば...。
他の手技療法では、ほとんどがベッドの上に「うつ伏せ」寝(=静)の状態で施術を行っています。
けれども「動体療法」の場合は、単純な「うつ伏せ」寝(=静)の状態での施術は、あまり行われません。そして、文字通り「体」を「動」かしながら施術を行います。
あお向け寝だったり、横向き寝だったり、またはイスに座った状態で施術をしたり、時には立ったままの状態で、しかも「動」きや動作を伴いながら、施術を行っていきます。そのため、どんな動きの時に痛みが生じたり生じなかったりするかが明確になります。

このような、単純にベッドでうつ伏せ寝の状態以外の、多種多様な状態で施術が出来るのが「動体療法」の優れた特徴であり魅力でもあります。
その結果、ギックリ腰や腰痛で、うつ伏せになれない方や、腰痛のある妊婦さんにも整体をする事が可能になりました!
また、座ってる時や横になってる時は痛みがないけれども、立って動き出すと痛い、朝起き上がる時だけ痛い、イスから立ち上がる時が痛い、顔を洗う時が一番痛い、イスに座って前屈出来るのに立って前屈するのは痛くて出来ない...、などの状況にも対応が出来ています。

ここで、日常の動作についてちょっと思い出してみて欲しいのですが...。アナタにとって、一日の中でうつ伏せ寝の時間がどれくらいありますか?
さて、いかがでしょうか?
おそらく、ほとんどの方の日常生活では、うつ伏せ以外の動きで過ごしている時間の方が多いのではないでしょうか。立ってるとか、座ってるとか、歩いてるとか、横になってるとか...。寝てる時でも、うつ伏せ寝にはならないケースが多いのではないかなと思います。いかがでしょうか。
もしそうであるなら、日常の動作に即して、日常の動作が快適になる整体の方が良いとは思いませんか?
アナタの日々の動きを軽くし、快適にしていく整体であり療法がこの「動体療法」の大きな特徴であり、また利点なのです。

image[6].jpg





現在「動体療法」は、日本はもちろん海外でも大変注目される療法となっています。
「動体療法」ドイツ本部でも、ドイツで活躍する日本人・日本のサッカー選手達が多数施術を受けています。肩や腰の不具合のみならず、捻挫後遺症や首の痛みにも高い効果が出ているからです。
世界のトップレベルの格闘家・スポーツ選手達も、様々な国で「動体療法」の施術を受けて活躍しています。
「動体療法」は、日本から発信された世界基準・世界標準に見合った療法なのです。


余談ですがEU圏では「動体療法」の呼び名が少し変わります。「動体(doutai)テラピー」と呼ばれています。





※動体療法は特許庁登録商標第5029539号です
認定証.jpg









あなたの喜びと幸せと健康が、春日部ひので整体院の喜びです。 これからも、あなたの健康の応援とお手伝いをさせていただきます。






当院の概要
アクセス

春日部駅東口徒歩5分


電話番号

048-761-4976


住所

〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東1-8-21-1F

----------