----------

体調と体質の違いが分かりますか?

ちょっと一息健康コラム


20110609223634-5[1].jpg
体調が悪いせいかしら...


体質のせいなのかしら...


small[4].png




Q.そもそも体調と体質って違うものなのでしょうか...?



A.「体調」と「体質」という似た単語があります。普段何気なく使っているけれど、この2つの違いは結構ややこしいですよね。体の具合がなかなか改善しない時、よく〈体調〉が優(すぐ)れないとか〈体質〉的に具合が悪くなりやすいとか、言いますよね。


実は、この2つには明らかな違いがあるのです。ちょっと難しい話になってしまうかもしれませんけど、どうぞお付き合い下さいね。出来るだけ解りやすくまとめてみたいと思います。






体調

〈体調〉は後天的な要因に左右されるものです。"昨日は調子がよくなくてツラかった、けれども今日は具合がいいみたい"、などという場合は体調に関連するケースが多いです。"ストレス"によって受ける影響は、体調と関係します。


〈体調〉は"疲労"によっても影響を受けます。機能的な問題という言い方も出来ます。一時的に低下しているだけとも言えます。


例えば、仮に背骨の真ん中辺りの骨が歪んでいたとしましょうか。カイロプラクティック院などに行くと、ここの背骨が歪んでいるので矯正をしましょう、と。そこで骨をボキボキとかってやられたりしますね。でも何で歪んでたかは特定されていないし説明もされないので、何度も繰り返し歪みやすいのです。


〈体調〉が問題で歪んでいる時は、背骨の真ん中辺りの骨(例えば胸椎8番とか)が歪んでいるのは肝臓の疲労からきている事が多いものです。普段、なかなか肝臓が疲労しているなどとは自覚出来ていなかったかもしれませんが、肝臓が疲労して周囲の筋肉が収縮して、その結果筋肉に付いている骨が歪められていた場合も多いのです。







体質

一方、〈体質〉は先天的なものです。先天的というと小さいころに何か症状があったものを指すようなイメージがありますが、実はそうではないのです。症状が自覚されるのが何歳の時であっても先天的に問題を内包されているケースが誰にもあるのです。


〈体質〉は、"老化"や"発育不全"に関係してきます。ここで言う老化というのは、お年寄りという意味ではありません。体内のどこかの組織が恒久的に動かない状態を指します。自身でも気づきにくい何処かが固まって動かない、または動いていない、働いていない、という状態な訳です。


先の例で言うと、例えば背骨の真ん中あたりの骨(例えば胸椎8番とか)が歪んでいるとしましょうか。その歪みの大元が誰でも先天的に持っている頭蓋骨の歪みから始まっている事もかなりあるのです。





このように、同じ(胸椎8番というところの)背骨の歪みでも、その歪みが「体調」の影響なのか、それとも「体質」の影響なのか、で歪みの示す意味や整体のアプローチも全く変わってきてしまうのです。ですからただ歪んでるところを、やみくもに矯正すればいいというのではないのです。


少し難しい話になってしまいましたね。でも何となく「体調」と「体質」の違いが伝わったでしょうか??


当院の概要
アクセス

春日部駅東口徒歩5分


電話番号

048-761-4976


住所

〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東1-8-21-1F

----------